専業主婦 返済期間

専業主婦のカードローンと返済期間について

金融業者にお金を借りる際には、借りる条件として働いて収入があることが前提となっています。
正社員ではなく、非正規の派遣社員・アルバイトの形であっても、毎月きちんと安定収入があり返済能力があると証明できれば融資が受けられます。

 

しかし外で働いていなく収入がない専業主婦であっても、融資を受けることも可能です。
普通の消費者金融のカードローンでしたら、専業主婦は借りることが中々できませんが、銀行のカードローンでしたら大丈夫です。
本人に収入がなくても、毎月の支払いができることを証明できれば専業主婦であってもお金を貸してくれます。
銀行のカードローンを利用する最大のメリットとして、家族に内緒にしてお金を借りられるという点があります。特に旦那さんには絶対に知られたくない方も多いでしょうから、家族バレをしたくない場合には銀行にしましょう。
銀行のカードローンの融資には、担保もなし保証人もいらないので、借りる専業主婦本人に問題がなければ、審査も問題なく通ります。

 

専業主婦の返済のためのまとめ

  • 返済方法
  • 自動引き落としや振込みがありますが、夫にバレないように用心するなら提携ATMなどを利用するとよいでしょう。

  • 低収入、生活苦
  • 繰り返し利用するよりも、生活を見直し返済を優先させましょう。
    パートや契約社員などの対処も必要なら考えましょう。

  • 返済を考えた借入
  • 融資を受ける金額や毎月の返済額もすべて返済を考えて希望額を申請しましょう。
    返済中の家計の管理も考慮しましょう。
    返済が滞ると督促がきて家族にバレる可能性があります。

  • 無利息期間などのサービス
  • 返済の目処がたっていてすぐに全額返せるならば無利息期間のあるものを選ぶとよいでしょう。

  • 総量規制と収入証明書
  • 総量規制のある消費者金融では無職の主婦は借入できませんが総量規制対象外の銀行カードローンなら可能です。
    審査の中で配偶者の収入証明書が不要なものも多くあるので比較して選び借りることもできます。

 

では、いざお金を借りて返済していく段階となったとき、毎月の返済日と返済期間には注意しておきましょう。
毎月の返済日に関しては、もし期日を過ぎても返済されていなかったら家に督促電話がかかってくる可能性があるので、家族バレを防ぐためには絶対に返済日は厳守です。
返済期間に関しては、長い期間での返済となると支払う利息が大きくなるので、できるだけ短い期間で返済していく方が良いでしょう。

 

 

審査通過のためのコツを知りたいならこちら