銀行系カードローン

銀行系の専業主婦のカードローン

カードローンはその用途も原則として自由ですし、限度額の範囲内なら何度でも借入ができますのでちょっとした出費のときには何かと便利なローンです。
特に主婦の人の場合は家計を管理していることが多いこともあり、急なお付き合いでお金が必要というとき、生活費が不足しているとき、子供のための出費など様々な場面で利用することができます。

 

仕事を持っている主婦の場合は特に配偶者の人の同意は必要なく本人名義で消費者金融も利用することができます。
そして仕事を持たない専業主婦の場合は総量規制があることもあり、そのままでは消費者金融に申し込むことはできず、借りる場合も配偶者の同意が必要です。

 

知っておきたいカードローンの用語まとめ

  • 金融系カードローン
  • 貸金業法で総量規制の対象になります。
    消費者金融があたります。

  • 信販系カードローン
  • 総量規制の対象です。
    クレジットカード会社が信販系です。

  • 審査基準
  • 審査項目は公開されておらず基準も金融業者によります。
    一般的な基準は調べることができます。
    審査の中には在籍確認もあります。

  • 融資スピード
  • 最短で即日に借入することもできるサービスですが審査申込の時間や方法に条件があるので注意しましょう。

  • 金利帯
  • 金利には幅がありますが限度額によって変わります。
    借入限度額が少ない場合は高い方の金利になることが多くあります。
    金利は利息の金額に関わります。

  • 口座
  • 申込みの銀行カードローンの銀行の口座を持っていなくても入金を指定口座にしてもらうことができる場合もあります。
    提携しているATMを使って返済することもできます。

  • 収入証明
  • 専業主婦が借入する際に金額が少なければ収入証明がいらない場合も多くあります。
    家族に知られずに借入できるので安心です。

 

専業主婦の人がより気軽にカードローンを利用するのであれば銀行のカードローンも検討してみましょう。
消費者金融と同じように利便性に優れたサービスでありながら、さらに低金利となっています。
そして、消費者金融のように総量規制がありませんので、専業主婦にも対応していることが多くなっています。

 

この場合も返済能力が必要ですので、専業主婦がカードローンを利用する場合には配偶者に安定した収入があることが条件となります。 特に配偶者の同意は必要なく手続きできることが多くなっていますが、銀行により条件や申込み方法は違いがありますので、事前によく確認しておきましょう。
銀行の場合も申込みについては、来店の必要がなくインターネットや電話から行なえることが多くなっています。

 

 

審査通過のためのコツを知りたいならこちら