カードローンと借り入れ

専業主婦のカードローンと借り入れ

私たちの暮らしには無数の出費が常に渦巻いています。とりわけ専業主婦が悩まされるお金の不足はとても悩ましいもので、家族のために懸命にやりくりしている中では涙ぐましい努力も数多く見られ、なおかつ残った僅かな金額から自分のコスメやファッション、エステ、交遊などの費用を捻出しなければなりません。
これではどれだけ頑張ったところで専業主婦が自由に使えるお金はたかが知れてしまいます。

 

そんな時に役に立つのが銀行のカードローンです。
カードローンは一枚の個人カードを発行してそれを常に持ち歩くことで、お金の必要時になったらすぐに近場のATMを訪れるだけで自由にお金の借り入れできるようになるという金融サービスのこと。
最初の契約審査時に決められる融資限度額の範囲内であればいくらでも、何度でも引き出せるので、継続的なお金の不足に悩まされている人に打ってつけです。

 

専業主婦の場合、銀行からお金を借りるといっても家事の合間を縫って手続きを行わねばなりませんし、またいちいち本店舗まで行って借り入れる時間もありません。
そんな時でもカードローンであればネットや電話、店舗窓口、自動契約機などを使ってスピーディーに契約申請できますし、審査時間も60分ほどですぐに完了。

 

専業主婦のための借入ポイント

  • 消費者金融
  • カードローン同様キャッシングとも呼ばれる貸付をしている業者です。
    一定の無利息期間のサービスがある場合もあります。
    低収入でも安定した収入があれば借りることができることもあるのでパートやアルバイトでも借りることができます。
    消費者金融は貸金業法により総量規制の対象になります。

  • 総量規制
  • 貸金業法で定められている規制です。
    借入は年収の1/3までしか利用できません。
    また専業主婦や無職などは年収自体ないので利用不可になります。

  • 銀行カードローン
  • 貸し金業ではないため総量規制の対象ではありません。
    自分自身に収入がない人でも配偶者に安定した収入がある場合借入できるものがあります。

  • 総量規制対象外
  • 総量規制の対象にならないことをいい、銀行カードローンがあたります。
    収入がない専業主婦は総量規制対象外のカードローンを選びましょう。

  • 夫の同意
  • 旦那に知られたくない場合注意が必要です。
    同意書や収入証明書が不要のカードローンがあるので比較してみましょう。

  • 借入額の上限
  • 希望額がそのまま借りられるとは限りません。
    審査によって返済ができると思われる借入限度額が決まります。

 

こうやって個人カードが発行されたならば、もうその瞬間からATMに駆けつければ自由に融資金を引き出すことができますのでとても便利です。
最近ではコンビニとの提携も進んでおり、近所の提携コンビニを探しさえすればお金がピンチな時にいつでもサッと駆けつけることも可能になるはず。
これまで悩んでいたお金の慢性的な不足が立ち所に解消できることでしょう。

 

 

審査通過のためのコツを知りたいならこちら