専業主婦 借り入れ

専業主婦のカードローン豆知識

パートやアルバイトなどで働いている主婦の場合は、カードローンのキャッシングは収入の3分の1以下の金額で、借り入れできることが原則可能ですが、収入のない専業主婦の利用限度額はいくらが相場なのか知らない人が多いです。
豆知識として覚えておくと良いのは、専業主婦の場合は、働く主婦のキャッシング限度額が概ね300〜500万までなのと比較すると、限度額は低く30〜50万円をとなっています。
少額でも十分利用価値はあります。

 

会社によっても異なりますから安易な申請はせず、下調べをしてから申し込みするのが安全です。
事前審査の意味も兼ねてネット上の仮審査シミュレーションを利用するのもおすすめです。

主婦と専業主婦でも申込めるカードローンに違いがある

総量規制という法律が設立されたため消費者金融では借りられません。
お金を借りても返済できなくなる人が増加したため作られた法律となり、この法律の影響で年収の1/3以上借りることができなくなりました。
専業主婦でも借りられるキャッシングは銀行カードローンのみです。

ただ全てのカードローン会社に当てはまるわけではなく銀行カードローンは総量規制の対象外となります。
安心感バッチリの銀行のカードローンは低金利キャッシングが特徴ですし、専業主婦にも借り入れ可能です。
信販会社や信販系が無理でも銀行系のカードローンなら自身の収入がなく年収がゼロの専業主婦でも、夫の同意不要で申込出来ます。
担保や保証人も必要ありません。

 

主婦は銀行のカードローンにも消費者金融にも申込み可能です。
重要なのは「契約者に収入があるかどうか」です。

 

口座にお金がないのに冠婚葬祭が続く場合や、支払いするものがあるのに夫の給料日はまだ先で手元に現金が無いなど、ピンチの時などに利用している人がいます。
夫の収入証明書だけで借りられますし、審査や融資までの時間が早いのもピンチの時には有難いと評判です。
専業主婦は日々のやり繰りに努めていますが、時には予算オーバーすることもあります。
そんな時に家族にバレずに借りられる、銀行カードローンは心強い味方になってくれます。

 

審査に通らないこともある

過去に多重債務による自己破産や借金問題やクレジットの返済に関して、債務整理をした場合は審査で落とされる可能性が高くなります。
完済していても債務整理は信用問題に関わりますので、カードローンも借金だという自覚が必要です。